ARUKAMAKの品質:1

 

吊り編み機という選択Japan Traditional

『ARKAMAK』 の子供服づくりは、素材から吟味し最良の生地を確保するところから始まります。 例えばパーカーやトレーナーといった、ベーシック・アイテムの生地となる 『スウェット:sweat』。 このポピュラーなスウェット生地も、実はその製法によって大きく違いが出てくることをご存知でしょうか?

『ARKAMAK』 の使用しているスウェット生地は、和歌山の小さな工場で、『吊り編み機』 という編み機を使って生産されています。今、世界で最も標準的に使用されている高速で編み上げができる 『シンカー機』 に対して、この 『吊り編み機』 は明治の40年代から大正時代にかけてヨーロッパから日本に持ち込まれた、いわば骨董品のような編み機です。効率重視の現在ではこの編み機を使用している工場は少なく、日本でもわずか3社のみ。実際に操作できる職人も日本に5〜6人しかいません。

この編み機は機械を柱に吊り下げ、ゆっくりと回しながら編み上げていく方式で、布地は編み上がると、そのまま自重以外のテンションをかけない状態で下へ積み重なっていきます。布地にテンションをかけながら(引っ張りながら)編み上げていく 『シンカー機』 に対して、生産性はわずか180分の1。1台で1日約7着分のスウェット生地しか作ることができません。その分、針にも、糸にもストレスをかけず、繊維の持っている豊かな質感をもった、“痩せていない” 本来のスウェット生地を作ることができるのです。当然、同じ生地面積で比較すると、使っている素材の量も価格も膨らんでしまいますが、 『吊り編み機』で編み上げられた、本物の風格をもったスウェットに出会えば、JAPAN MADEにこだわる理由がわかっていただけると思います。

 
ビンテージ・スウェット:Vintage Sweat

一本の糸を髭針(ひげばり)を使って編み上げる、吊り編み機によって作られた 『ビンテージ・スウェット』 は、編目にゆったりとした柔らかな風合いがあり、糸そのものの持つ柔らかさで空気も一緒に編みこんだような絶妙なボリューム感があります。また、ソフトでいながらコシがあり、テンションをほとんどかけずに編み上げていますから洗っても縮みが少なく、型崩れも少ない。子供服にとって最適・最高のスウェット生地と言えます。

トレンドを追求し、ワンシーズンで捨ててしまうファストファッションにはない、伝統の機械と日本の熟練職人の技術によってもたらされた究極の限定素材を 『ARKAMAK』では、信頼の国内縫製工場に依頼し少数生産を行っています。 元気に活動する子供たちの服にとって、最も必要な要素は何か?、それは良質な素材とその機能性・耐久性を、高いデザイン性によって着やすい服に仕立てること。  

『ARKAMAK』 がたどりついた答えは、使い込むほど実感いただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで、紹介したビンテージ・スウェットは 『ARKAMAK』 のこだわりのほんの一例にしか過ぎません。良質な素材と “JAPAN MADE ” にこだわった本物の子供服だけが 『ARKAMAK』 の商品になれるのです。

© 2015 Arukamak

  • Facebook Black Square